i_1521511194.png

私たちの最新の活動ニュースは、フェイスブックで発信しています。

最新の活動ニュース
ちがいが豊かさとしてひびきあう「まち」をめざして

かわさきから、伝えたいメッセージ

私たち『かわさき子どもの権利フォーラム』は、2017年設立の任意団体です。川崎市で2000年に制定された「川崎市子どもの権利に関する条例」を基に、

1.子どもの権利・条例の普及活動

2.こどもの権利に関する条例に基づく活動の支援

3.子どもの権利を実現するためのコーディネーター育成

4.子どもの権利に関わるネットワークづくり

5.こどもの権利を大切にする「まち」づくりへの提言

を行っています。

問題意識

今、川崎市には子どもの「人権」や「多文化共生」という理念を大切にしようとしてきた大きな流れがあります。その背景には、子どもが差別を受けてきたという事実や体罰やいじめで子どもを失ってきた悲しい歴史があります。

私たちは、「子どもの権利」を視点として、今の川崎市の子どもの実態に目を向ける必要があると考えています。

様々な人々をつなぐネットワーク
私たちは、川崎に暮らすすべての人々と、子どもたち自身が主体者となって、「未来社会を創り上げる力」をどのように育てていったらよいのかを考え合っていきます。
そのために様々な川崎市の行政機関、民間NPO、民間企業、市民、子どもたち等と連携し、それらの人々をつなぐネットワークの核になる機関として、本団体を設立いたしました。

かわさき子供の権利フォーラムロゴ(納品)_edited.png

​子どもの権利って?川崎市こどもの権利に関する条例って?

​私たちの活動の基でもある「川崎市子どもの権利に関する条例」や、子どもの権利について解説します